*

time 2014/11/23

名称未設定 2

日用動画でご紹介【Mac】ハプニング続出!?ディスプレイ保護フィルムの上手く貼る方法が分からんぞ!!

不器用な男ですから、保護フィルム貼り失敗の連続

今回用意した保護フィルム

SPONSORED LINK

スクリーンショット 2014 11 22 23 45 05さてさて、今回はお待ちかねの「MacBook Proプロテクトシリーズ」第3弾でございます。
MacBook Proプロテクトシリーズ」第1弾
【Mac】任務!MacBook Proを保護せよ!超簡単装着!『MacBook Pro用ハードケース!』 | 旅ビート

MacBook Proプロテクトシリーズ」第2弾
【Mac】MacBookアルミボディを死守せよ!手汗による腐食・黒ずみからパームレストを守る!パワーサポート製リストラグ! | 旅ビート

スクリーンショット 2014 11 22 23 45 36
今回MacBook Proをプロテクトする「MacBook Pro15インチRethina」だ!

スクリーンショット 2014 11 22 23 46 29
そんな私のMacBook ProちゃんのビューティフルライフRethinaディスプレイを保護するため、選りすぐりの戦士の中選ばれたのが、こいつ!『ELECOM製 Screen Protector for MacBook Pro

『高光沢』、『エアーレス』、『指紋防止』の三拍子揃ったナイスな保護フィルム!

折角の美しいRethinaディスプレイに保護フィルム貼ったら意味なくない?

私もそこのところは懸念していた。まずこのフィルム着けたかった理由を説明すると、ディスプレイに付いてしまう手の指紋。特に私は手に汗をかきやすい体質で、すぐディスプレイを汚してしまう。その汚れを抑えたかった

保護フィルムを貼ってからのRethinaディスプレイの見え方、その結果は後ほどご紹介。

液晶保護フィルム貼り着け開始!

スクリーンショット 2014 11 22 23 47 08
まず付属のメガネ拭きの様な布でディスプレイをフキフキ奇麗にしていく。

スクリーンショット 2014 11 22 23 47 35奇麗に汚れを拭き取れたら次は、付属のシールでホコリなどを残らず取り払う。

スクリーンショット 2014 11 22 23 47 54
こちらが本体、三枚構造になっている。まず接着面のフィルムを剥がし、装着準備に入る。

スクリーンショット 2014 11 22 23 48 30
なんと今回はものの1分程で貼ることができた、『よし!上手く貼れたぞ』!MacBook Proをプロテクトしてかれこれこれでもう3回目、作業になれと自分に自信が出てきたようだ。

スクリーンショット 2014 11 22 23 48 54
仮貼りから、空気を抜き、本貼りの作業に入る。

スクリーンショット 2014 11 22 23 49 12
ガンガン空気を抜き、本貼りしていた最後の段階で、空気が抜けない場所、というかフィルムが浮いてる部分を発見…。よーく見てみると、片側がすこ〜しだけディスプレイ周りのゴムパッキンに被っておるではないか!?全然上手く貼れてない!!

スクリーンショット 2014 11 22 23 49 29
仕方がないので初めからやり直し…。フィルムを剥がす私。

スクリーンショット 2014 11 22 23 49 53
よし!気を取り直して貼り直すぞ!っと、思って初めて知ったこと。それはフィルムを一度貼って剥がすと、摩擦により、とんでもないほどの静電気が発生する。もうそれは感電するレベルの静電気だ!

その静電気の影響で、フィルムとディスプレイの間にはN極とS極が生まれ、まるで付き合いたての高校生カップルのように、「離れたくないよ、離れたくないよ」と、吸い寄せられるわ、吸い寄せられるわw貼り直すのに5分以上もかかるハメになる。

スクリーンショット 2014 11 22 23 50 23
苦労しながらもなんとかバチッと来る場所に貼り直すことができた。ようやく、最終工程、外面のフィルムを剥がす。

スクリーンショット 2014 11 22 23 51 04
最終工程の外面フィルムを剥がし終えて、これでディスプレイ保護のミッションは無事完了しt…あれ!?あれぇーーー!?

スクリーンショット 2014 11 22 23 51 23
絶句

スクリーンショット 2014 11 22 23 51 47
猫の毛がRethinaディスプレイとELECOM製保護フィルムの間にビトウィーン・ライオン!!!じゃねーよwまさかの愛猫「ナナ♂18歳」老猫の毛が混入!

スクリーンショット 2014 11 22 23 52 56
とりあえず、シールを使い1/4剥がして除去作業に挑むが、作業前日に社会人のエチケット上位にランクインする爪を切る、という行為をしたため、全然にゃんこの毛が取れない!こんな時は猫の手も借りたい…ダメだ!それはダメだ!にゃーーー!

スクリーンショット 2014 11 22 23 53 37なんとか除去に成功、三度空気を抜き作業を終了。

スクリーンショット 2014 11 22 23 53 58
指紋防止機能は、まぁつきにくくなったかなっと思うが、完璧に付かない訳ではない。しかし、フィルムなしよりは付きにくく汚れも拭き取りやすい。

スクリーンショット 2014 11 22 23 54 43
若干気泡が残っていたが次の日には抜け切っていた。かなり優れた技術だ。

保護フィルムを上手く貼る方法

【スマホ】保護フィルムを一発で貼るワザ – NAVER まとめ

貼る前にこれを読んでおけば良かった。そして貼る時は猫を近寄らせてはいけない。

カメラなどのホロリを取る時に使うブロワーブラシがフィルムを貼る時に重宝するらしい。大きめがオススメとのこと

貼った感想とRethinaディスプレイの具合は?

大型の保護フィルムを貼るのは今回初めてだった私。しかし、静電気の影響がなかった段階では比較的簡単に貼ることができた。しかし、スマホへの装着と比べると貼りにくいのは間違いない、だってデカイもん。相当の技術技と修練が必要だと思わる。是非ともプロの神業的な貼り方を見てみたい。

反省点は、一回貼ってしまったら、静電気が発生して貼り直すのにものすごく苦労するということ。そして猫のいる場所で作業をしていけないということ(笑)

Rethinaディスプレイに今回貼ったELECOM製の保護フィルムの具合。高光沢が良かったのか貼る前とほぼ変わりのない印象だ。そして指紋も付きつくい。尚且つディスプレイを傷から守ってくれるので、自分の不器用さ以外は満足している。
是非一度デカイディスプレイへの保護フィルム貼りに挑戦していただきたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑