*

time 2014/11/13

Mac1315

どうも!旅する31歳ビート内藤です!もうこれはニート内藤に改名するしかありませんw現在、旅動画制作に時間を割いております。もし良かったら動画も見て下さい!! YouTube

 

 

SPONSORED LINK

比較した結果「MacBook Pro Retina 15inch」を買ったぞ!なぜ13じゃなくて15インチ?

まずは13インチと15インチのスペック(性能)を比較してみる

Apple – MacBook Pro

 

Mac1315比較 13インチ15インチ共にRethinaディスプレイを採用されており、とにかく文字がくっきりはっきり奇麗に見える。ノーマルスペックでの価格の差は47,800円13インチの方が安い。 カスタマイズなしの標準のスペックを確認 スクリーンショット 2014 11 13 14 58 19

重たい作業する時には欠かせないCPU

13インチCPU 2.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、対して15インチは2.2GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.4GHz

動画などの書き出し時間に大きく影響するメモリ

13インチ標準メモリ8GB、15インチは16GBになっている。

持ち運びをする上で気になる重さ

13インチ1.57g、15インチ2.02g0.45gの差がある。

バッテリーの持ち

やはり気になるバッテリーの持ち13インチは最大9時間、15インチは最大8時間と13インチに軍配が上がった。

映像処理をするのに大事なグラフィックボード

13インチintel iris graphics、15インチはintel iris pro graphics

メモリ増設ができない!買う時に決めろ!

スクリーンショット 2014 11 13 16 01 29 ひと昔前までは、自分でメモリの増設をすることができたが最新のMacBookは軽く薄くする為に、メモリがオンボードになっている。

後からメモリを増やすことはできない為、購入する際に決めなければならない。

私は旅中にMacBook Airで2011 Late メモリ4GBで動画を作成、1〜2分の動画を作るのにもカクカク、書き出しに1時間近くかかることもあり、ストレスで毛が抜け落ちるレベルであった。

先日MacBook Pro 13インチ、メモリ8GBを購入した友人に相談したが、映像処理や書き出しを考えると16GBにしておけば良かった、と後悔していたので、私がMacBook買うなら16GBが必須だと考えた。

では、13インチをカスタマイズして性能を上げてみたら?

スクリーンショット 2014 11 13 14 05 24 CPUとメモリを15インチの標準スペック合わせてみた結果、価格は197,200円(税別) Skitch 15インチの標準モデルの価格は194,800円(税別)でカスタマイズした13インチと比べると2,400円安いのだ。

標準スペックならアップルで買わなくてもいいじゃん

根っからのApple信者ではない私は、できる限り安く購入したいと考えていた。価格.comなどで値段を確認すると、Apple Storeで購入するより2割近く安く販売しているお店がある。

高額な商品、2割はとても大きい。 尚且つ、CPUやメモリをカスタマイズした製品はApple Storeでしか買えない。13インチを15インチと同等のスペックに変更した価格197,200円→212,976円(税込み)という、天文学的数字で購入することになるのだ。

因みに15インチの場合 Apple Storeで購入210,384円(税込み)、価格.com最安値170,500円(税込み)(2014.11月現在)。あ〜らびっくり、4万円近くも安いではないか!?

15インチ購入を決定づけたこと、それは物損保険だ。

水没・落下で破損の経験があるからこそ自然故障・物損保険加入

私は以前使っていたMacBook Airで非常に苦い経験をしている。一回目は水没、二回目は落下によるディスプレイ破損水没の際にAppleで修理する場合は100,000円かかる言われ、軽く尿を漏らした経験がある。

Mac修理専門店で修理を依頼するも70,000円近くかかり、やはり尿を漏らす結果となった。ディスプレイ破損の時は40,000円…。枕カバーは涙に濡れ、ベッドシーツは尿で濡れた。

水没した際にロジックボード交換修理を依頼したお店
MacBook Air Pro Retina iMac修理 保証1年 横浜KSCAT

 

ディスプレイ修理を依頼したお店
パソコン修理のパソピア 【高松市~全国宅配OK】格安PC修理

 

 

もう漏らさない為にも、物損保険加入

Apple Storeで購入すると一年間の製品保証(自然故障、システムトラブル)が付いている、しかしそれ以降に保証を受ける場合はプラス2年間延長のApple care(アップルケア)を付ける必要がある。

スクリーンショット 2014 11 13 17 07 56 大変高額の延長保証だ。あくまで自然故障のみ水没や落下による破損は保証対象外。私の様に扱いが雑の人間にはまったくもって足りない保証。

つまり、仮に私が13インチをカスタマイズして高性能にして高額なMacBook Proを購入したところで、不安要素である水没・落下破損は保証されない。

ネット販売で販売しているお店で購入すると物損保険加入できる!?

ネット購入するとその店の独自の保険に加入できる。誰しも、わざわざ高いお金を出して購入した電化製品を壊したい訳がない。しかし、水没・落下などの物損は起こってしまう。そんな不安を解決してくれるのが、物損保険だ。

一例だが、こちらのお店では
スクリーンショット 2014 11 13 17 25 22
延長保証+アクシデント故障(物損)の保証に加入できる。

スクリーンショット 2014 11 13 17 25 38
こちらのお店の場合MacBook Pro15インチの延長保証加入代金は14,400円。3年間の保証が付いている。故障の際の修理代金等は、2年目以降保証される割合が減ってしまう。

保険会社によっても、保証の割合は変わるので自分に合った保険会社を選んでいただきたい。

また販売店によって加入代金や加入できる保険会社は変わるので、そちらの下調べもお忘れなく。 インターネット販売で特に家電でよく見られる保険会は

PWJアルファバリューが有名らしい。どれほどの保険会社か不明だ。

こんな記事もあったので気になる方は読んでいただいきたい。

ノートPCを延長保証使って修理に出したのだが | マネーライフ2ch|クレジット関連・お金関係

 

 

最後まで悩んだサイズと重さ

最後の最後まで私を悩ませたこと、それはサイズの問題だ。以前使っていたMacBook Air13インチはスペックはイマイチだったがサイズといい重さといい最高だった。それに比べるとMacBook Pro 15インチはデカイ、重い!重さで言えば約倍ほど重い。

が、しかし購入してから分かったこと、映像編集をするなら画面はデカイ方が断然いい!

Air pro
上が Air、下がPro 旅をする上でこの重さとサイズというのは非常にネックになってくる。しかし、高スペック尚且つ物損保険加入そして価格、全てを天秤にかけた結果15インチに行き着いたのだ。

最終的、一体どれほどのことがやりたいか

極論、ブログ更新や軽い画像編集ならMacBook Airで十分事足りる。私は快適に映像を編集したいという強い思いがあった為、MacBook Pro15インチを選んだのだ! さて、あなたのはどれを選ぶ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑