*

time 2015/05/18

魅力的な男 ホルモン テストステロン

どうも!魅力的な男性になりたい31歳ビート内藤(@beat910)です。できれば男らしくありたいと願うのは私だけではないはずです。

体の線が細く、体毛や髭も薄いという体質がコンプレックスだった私、なんとか男らしくなれないものかと、禁欲をしてみたり、ホルモンについて興味が持ち、いろいろ勉強してまいりました。

男性ホルモンについて調べてみると驚くべき効果がありました。しかし、メリットが大きい分、それなりデメリットもあるのでそちらも紹介していきたいと思います。

女性も気を付けなければならない点があるので、ご興味がございましたら読み進めて下さい。

※注意 私になり調べて、実体験も交えた検証結果ですが、効果には個人差がございます。尚、基本的男性向けに提供する記事ですので、不快に感じる文章内容もあるかもしれません、予めご了承の上読み進めて下さい。

テストステロンの効果

テストステロン

テストステロンとは

テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。

哺乳類のオスでは睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。

筋肉の増大、骨格の幅や厚みの発達などに作用する。

引用:wikipedia

要するに男性らしくする男性ホルモンの中でも重要な役割を果たすホルモンということです。

テストステロンはさまざまな効果をもたらします。

例えば、

  1. モテる
  2. エネルギッシュになる
  3. 目がギラつく・顔付きが変わる(キリッとする)
  4. 筋肉がつきやすく、体格がよくなる
  5. 記憶力・集中力のつく
  6. 自信がみなぎる

など

自信がつけば、自信を持って女性と接することができる。そうすると、モテる可能は高くなるかもしれませんね。

が、しかしデメリットもあるのでご注意を!後半でご紹介します。

女性を惹きつけるパワーを持つ男性ホルモン「テストステロン」

モテる男

このテストステロンは、女性を惹きつける、モテ”フェロモン”を分泌すると言われています。

テストステロンが多く分泌されると筋肉質になり、男らしい髭や体毛が生え、外面的にも魅力的になる要素がありますが、女性は”本能的”にその魅力を感じ取ることができるそうです。

人間も同じ動物です。子孫繁栄という本能があり、より生殖力の高く、強い遺伝子を残せる相手に魅力を感じるように、我々のDNAに書き込まれていることなのかもしれません。

そして、力の弱い女性であれば、自分や子供を守ってくれる力の強い男性を選ぶのは当然かもしれません。肉体同士をぶつけながら争うことが少なくなった近代では、財力という力に魅力を感じるのも分かる気がします。

なぜスポーツ選手、ヤンキーがモテるのか

Newsite

もちろん例外もありますが、サッカー選手、野球選手、格闘家、怖い人や本職の方がモテて、キレイな女性とお付き合いや結婚する方が多いと思いませんか。

それは有名人だからだ!と思う方もいるとは思いますが、私はやはり本能だと思います。

プロスポーツ選手の多くは、生まれ持った体質もありますが、多くのテストステロン分泌し、体や筋肉を作り、試合を乗り切る体力、そしてプロとして生き残るためのフィジカルを維持しているからです。

実は人から注目されるといった、”有名”であることも、自信に繋がりテストステロンの分泌を促すのです。

ヤンキーがモテるのも、好戦的な性質と怖いという”力”が大きく作用しています。そんな荒ぶれたパワーも魅力のひとつなのです。

女性にもある男を惹きつけるホルモン「エストロゲン」

テストステロンとは逆の効果があるエストロゲンは、より女性らしくするホルモンです。周りでモテる女子は、もしかしたらこのエストロゲンが多いのかもしれませんね。

このホルモンは卵胞期~活発期に多く分泌され、新陳代謝が高まり、やる気、活力が湧くと言われています。

排卵後に妊娠しやすい体になり、その分性欲が上がり男性を惹きつけるフェロモンを出すそうです。この時期に気になる男性にアタックする成功する可能性が高くなるかもしれませんね。

人間の本能をいうのは不思議なものです。生理中イライラしたりニキビが出やすくなるのは、卵が体外に出て妊娠しにくい体、つまり女性ホルモンが減少し男性ホルモンが増大するからだそうです。

後に解説しますが、男性ホルモンの増大は短気になりやすくなったり、ニキビ(吹き出物)ができやすくなります。男性の方も、大事なことなので理解しておいて下さい。

SPONSORED LINK

テストステロンを増やす効果的な方法

食事

肉テンダーロイン

食事は大変効果的で、バランスよく摂取することで、効率よくテストステロンを増加させることができます。

テストステロンを多く含む成分と食物
亜鉛、タンパク質はテストステロンの分泌を促すと言われています。

牛肉、牡蠣、うなぎ、卵黄、大豆、納豆、豆腐、ネギ類(にんにく、玉ねぎ、長ネギ)、チーズなど。

この中でも、牛肉は亜鉛タンパク質の両方が含ませれており、効率よく摂取できます。

確かに、男らしい人は肉を食べているイメージがありますよね。

上手く摂取できない方は、サプリメントでもOK!ちなみに、私はこれをほぼ毎日飲んでいます。

筋トレ・運動する

Lgf01a201403150700

筋肉を鍛えることは、テストステロン分泌を促します。筋トレだけでなく、スポーツすること、特に競うスポーツは、闘争心を煽り、男性ホルモンが分泌しやすくなります。

格闘技やサッカー、野球、テニス、陸上など競うスポーツを選ぶと、よりテストステロンが分泌されます。

魅力的な女性と接する

魅力的女性

本能的に魅力的だなと思う女性と接することで、テストステロンが分泌されます。

アメリカのとある研究で、5分間女性と話した男性の唾液サンプルのテストステロン濃度を測定してみると、通常の数値より15%ほど高くなったという結果が出たそうです。

大事なことは、女性なら誰でも良いわけでなく、魅力的と感じる女性、「あわよくば肉体関係を持ちたい」と感じさせる女性でなければテストステロンは分泌されにくいとのこと。

性的興奮をする

Ero tv

実験で男性10名に15分間のAV動画を見せたところ、100%のテストステロン値の上昇が見られたという研究が報告されています。

しかし、射精してしまうのはNG。

精子の中には、テストステロンを作り出す、亜鉛、ミネラル、タンパク質が大量に含まれるいるため、出してしまうと元も子もありません。

ムスコはいじると、よりテストステロンの分泌を促すそうです。

脳内を性的興奮状態することによって男性ホルモンが分泌しやすくなるんですね。

禁欲をする

Dont be a statistic

7日間の禁欲で、40%テストステロンの血中濃度が上昇したという論文が発表されています。

テストステロン値上昇は7日目がピークなので、気になる女性とデートする時は、1週間前から禁欲をすると効果があるかもしれません。

実際に、私も禁欲を実体験し、効果を感じました。もしご興味がございましたら、是非こちらの記事もご覧下さい。

野心を抱く・成功する

野心を抱く

野心を抱くことで、テストステロンが増加すると言われています。

男性が夜景をみると、一国一城の主、野心家になった気持ちになり男性ホルモンが上昇するそうです。デートで夜景選ぶのは効果的かもしれませんね。

また、なにかに成功することも、男性ホルモンを上昇されます。いわゆる成功者がモテるのも、男性ホルモンが関係してる可能性が高いのです。

まだまだあるテストステロンを上げる方法

  1. 睡眠を十分とる
  2. ストレスをためない
  3. アルコールを避ける

など

精力アップサプリメント「GHプレミアム」

どうしてもテストステロンが上がらない場合

ホルモン注射で、テストステロンを体に取り込む方法もあります。しかし、ホルモンの分泌は体に備わっている機能なので基本的には必要ないと思います。

ご興味がある方は、専門の医師に相談し、本当にホルモン注射が必要なのか検査が必要です。

1回の注射で効果を持続させるのは難しいので、2~4週間に1回のペースで10回程度の投与が必要で、一本あた125mlで約2500円、なので安くはありません。

テストステロン上昇によるデメリット

A1030 000056

メリットも多ければ、その分デメリットもあります。陰と陽は比例するわけですね。

薄毛の原因

薄毛

男性ホルモンが多くなると薄毛の原因になります。

男性ホルモンの分泌で、大量の皮脂が出て、毛穴に詰まり、髪に栄養が行き渡り難く、抜け毛の原因になるそうです。

しっかりシャンプーをして、髪のケアをすることが重要です。

ニキビ

ニキビ

私は、随分ニキビに悩まされましたが、原因は男性ホルモンの分泌でした。詳しくはオナ禁記事をご覧下さい。

男性ホルモンの分泌で、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、炎症を起こしニキビや吹き出物の原因になるそうです。

先ほどの抜け毛と同じことが原因ですね。

洗顔をして、毛穴から皮脂を取り除きましょう。

浮気性になる

浮気症

男性ホルモン増加で、魅力的な男性になればなるほど、必然的に女性を惹きつけてしまいます。

魅力的な男性は確かに素敵なのですが、心配性の女性にはなかなか辛いかもしれません。

もちろん、魅力的な男性が全てを浮気するわけではありません。誠実な男性も多く存在しますので、一概に男性ホルモンが多い=浮気症ではありません。

攻撃的になる

攻撃的

短気になりやすく、攻撃的になる傾向があります。

格闘家やアスリートは、この攻撃的(戦う)な気持ちが原動力なのかもしれませんね。

あなたは、どうする?

いかがだったでしょうか。人間の体というのは、本当に不思議で面白いですよね。

魅力的な男を目指すには、それなりに努力が必要となるわけです。

出世欲がある方や、野心を持っている方は、テストステロン上昇でより目標達成が可能になるかもしれませんね。

人それぞれ、自分にあった人生でいいと思います。しかし、このままではイヤだ、今の自分から変わりたい、という方には試す価値はあるのではないでしょうか。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑