*

time 2015/10/14

Mac storage hdd other how to confirmation 01

どうも!Macにお世話になりっぱなしのビート内藤(@beat910)です。

そんな大事なMac先生が若干重たくなったので、ハードディスクの容量を確認したところ、なんだか意味不明な「その他」というモノがストレージを圧迫してるではないですか!

これは一体ナンなんだ!写真でもオーディオでも動画でも、アプリケーションでもないこのその他という野郎…。

写真やオーディオなら簡単に削除をして、容量を増やせますが、この「その他」というなんとも抽象的な表現で、一体どれが「その他」なのかさっぱり分かりません。

とにかく、こやつをなんとかしないといけない。

しかし、どこをどう探しても、Macの裏を探しても、この「その他」が見つからないのです…。

というわけで、いろいろ調べてみたら、簡単にこの「その他」の正体を暴くことできました。

とは言え、この「その他」の内容は人によってさまざまなようです。

今回は、この「その他」ファイルのあぶり出し方いろいろとご紹介します。

SPONSORED LINK

ハードディスクをダイエット!ストレージの「その他」の内容確認方法

スクリーンショット 2015 10 11 22 15 36

まずは、ストレージ確認方法です。左上のタスクバーのリンゴマークをクリックすると

このMacについてがあるので、こいつをクリック。

スクリーンショット 2015 10 11 22 19 17

概要やディスプレイなど中からストレージを選びます。

スクリーンショット 2015 10 11 20 00 43

すると、HDD内ストレージの内容を確認することができます。

「その他」が68GBほどありますね。

さて、ここからこの「その他」中身を確認していきましょう。

「その他」中身を確認する方法

スクリーンショット 2015 10 11 20 01 05

まずは画面上部の「タスクバー」がFinder表示になっていることを確認し、「移動」「ホーム」を選びます。

スクリーンショット 2015 10 11 20 03 15

ホームが開いたら、「タスクバー」の「表示」から「表示オプションを表示」を選びます。

スクリーンショット 2015 10 11 20 03 53

その中の「サイズ」と「すべてのサイズを計算」にチェックを入れると、フォルダやファイルの容量(サイズ)が表示されるようになります。

スクリーンショット 2015 10 11 20 26 12

サイズを表示されることによって、どのフォルダーがどのくらいの容量を使っているか簡単に可視することができるのです。

大きいサイズのファイルを開いていき、必要のないファイルを消していきましょう。

スクリーンショット 2015 10 11 22 34 16

ちなみ、フォルダ内の詳細を表示させる時は、リスト表示(赤枠で囲んでいる)を選ぶと、ファイルサイズなどの詳細が表示されます。

内容を簡単に確認できるアプリケーションを使う

スクリーンショット 2015 10 11 23 27 58

無料で使える「Disk Wave」を使えば、超簡単にMac内のデータ容量を確認できる。

ダウンロードはこちら

http://diskwave.barthe.ph/

インストールをしたら、

スクリーンショット 2015 10 11 23 44 16

Macintosh HDを選びます。少々読み込みに時間がかかりますが、Mac内のハードディスクの内容が一目瞭然!

不要なファイルをゴミ箱に入れたら、ゴミ箱内を空にしましょう。

スクリーンショット 2015 10 11 22 15 57

約7GBのダイエットに成功しました。

まだまだあるよ、ダイエット方法

スクリーンショット 2015 10 12 0 13 06

個人的に重宝しているアプリケーション「MAGICAN」を使ってダイエットします。

ダウンロードはこちら

http://www.magicansoft.com/jp/magican.html

インストールが完了したら、

スクリーンショット 2015 10 12 0 16 53

クリーナーから「キャッシュ」、「重複ファイル」などを削除します。

ウェブキャッシュなど知らず知らずにたまっているので消してしまいましょう。

この「MAGICAN」はアプリケーションのアンインストールなども簡単にでき、尚且つセキュリティ機能も付いているのでかなりオススメです。

手動でキャッシュを消す

アプリケーションを使わずに、手動でキャッシュを消すこともできます。

スクリーンショット 2015 10 12 0 25 38

画面上部のタスクバーがFinder表示になっていることを確認し、

移動

Optionキーを押すと「ライブラリ」という項目が表示されるので

「ライブラリ」をクリック

スクリーンショット 2015 10 12 0 31 37

Caches」をクリックすると確認できます。

それでもダメなら、こいつを使え!『/cores』

スクリーンショット 2015 10 12 0 40 13

タスクバー」がFinder表示になっていることを確認し、「移動」の中の「ファインダへ移動」をクリック。

スクリーンショット 2015 10 12 0 40 32

フォルダの場所を入力に

/coresと入力すると、/coresファイルが出てきます。

このcoresファイルとは、パソコンが何かあった時のログや情報をまとめて書き出しているファイルのことみたいです。

基本的に、消しても問題ありません。

たまったcoresファイルを消すことで、20GB近くダイエットを成功した方もいらっしゃいます。

おわりに

これらの方法でかなりストレージを圧迫している「その他」を減らすことができるはずです。

是非、お試しあれ〜!

次回は、ストレージ内を圧迫するバックアップの削除方法について記事を書きますので、ご興味ある方は読んでください。

今回の記事でもダイエットできない場合は外付けHDDに重いファイルを移しましょう(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑