*

time 2014/11/29

スクリーンショット 2014 11 27 20 33 31

どうも!最近Macで動画制作にテンション上がりっぱなしのビート内藤(@beat910)です。

先日Macユーザーが動画を編集する時に越えなければならない大きな壁、AVCHD(.mts形式)をいとも簡単に、しかも超高速で.mov形式に変換してくれる無料アプリ『media converter』をご紹介しました。

SPONSORED LINK

Macユーザーを悩ませるAVCHD(mts形式)を簡単にmp4などの形式に変換してくれる「MTS M2TS Converter」

フリーソフトで、私が試したどの変換ソフトよりも変換スピードが早かったmedia converter

しかし…何故か変換されて書き出された動画のフレームレートが59.94fpsになってしまう。

元の動画のフレームレートは29.97fps。設定を変え、いろいろと試してみたものの結果は変わらず。

仕方がないので59.94fpsで書き出された動画を編集ソフトに入れて、59.94fpsに合わせて編集し書き出すことにした。

しかし、結果は大変お粗末な仕上がりになっている。私の設定ミスなのか、半日試行錯誤を試みたが結局解決せず、ほぼ半泣きで途方に暮れていた。

“英語”対応のMedia Converterを細かく設定するのが非常に難しい。動画の専門用語を英語されたら余計分からないw

(正確にいうと言語設定で言語が変更できるようになっているが、機能しない…)

ちなみにこちらがサンプル動画

media converterで変化して編集ソフトで書き出した

]

画質が落ちて、大きな動きの映像になるとブロックが出てしまう。

Quicktimeで変換した動画

動きが大きいな映像でもスムーズに見ることができる。

media converterは英語での設定になってしまうので何かミスがあったのかもしれない。

日本語対応のmp4変換アプリ「MTS M2TS Converter」を使ってみた

まさかApp Storeで無料でこんなアプリが存在するとは知らなかった!アプリをインストールして早速使ってみた。

スクリーンショット 2014 11 27 22 47 49

tool“ツール”からlanguages“言語”を選び日本の国旗があるので選ぶ!

スクリーンショット 2014 11 27 22 12 33

ちゃんと日本語で表示させる。これは本当に有難い。

スクリーンショット 2014 11 27 22 13 48

動画を変換する前に“設定”でフレームレートやアスペクト比、オーディオに至るまで設定する。

スクリーンショット 2014 11 27 22 17 28

扱う機器に合わせて変換形式も変更できるところが嬉しい。

使い方もシンプルでストレスなし!

スクリーンショット 2014 11 27 22 22 36

ビデオカメラやメディアから直接ドラッグアンドドロップで読み込むことが可能!

スクリーンショット 2014 11 27 22 23 36

一塊になったAVCHDを全て読み込んでくれる。

読み込んだファイルは分割されており、その中から変換したいファイルだけ選ぶことができる。

変換開始ボタンを押して、あとは変換されるのを待つだけ。

スクリーンショット 2014 11 27 22 23 49

なんの苦労もなく変換してくれる。これは素晴らしい!

「MTS M2TS Converter」を使ってみて

無料でApp Storeにこんな素晴らしいアプリがあるとは驚き!日本語対応で英語が苦手な人間にとって有難いアプリだ。

変換スピードは、media converterと比べるとかなり劣る。

しかし私が抱えていたフレームレートの問題はこれで解決した。media converterで上手く書き出せない以上、この「MTS M2TS Converter」を使うしかない。

media converterで上手くいかなかった方にはこの「MTS M2TS Converter」がオススメ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑