*

time 2013/07/24

どうも〜!ビート(@beat910)です!
無料野外フェスFREEDOM NAGOYA’2013に行ってきました!

FREEDOM NAGOYA

FREEDOM NAGOYAとは?
2010年より開催されている愛知県最大級の無料野外音楽フェスティバル。初開催時は「若者に夢を見ることの素晴らしさを伝える為」との想いからスタートした同イベントだが、今年は2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援イベントとして『名古屋から東北へパワーを届けたい!』をメインテーマに開催。

7月20日(土)最高気温34℃の中、名古屋で暑い熱い無料野外フェスが行われるということで行って参りました!

IMG 2247
オープニング前にも関わらず、ものスゴイ人の数!

若者ばかりだと思っていましたが、家族連れや、おじさんおばさん、など年齢問わずお酒と音楽を楽しんでいました。

IMG 2269
グランドが砂の為、盛り上げれば盛り上がるほど砂ぼこりが舞う!

IMG 2293
赤ちゃんもイエーイ!!

最近のバンドはまったく分かりませんでしたが、楽しめるもんですね!雰囲気でしょうか。今まで知らなかったバンドがものすごくカッコ良く、これから聴いていこうと思いました。
IMG 2311
TOTALFATが出てくるとメインステージのテンションは最高潮!!

個人的に、B-DASHを聞いた時、自分の青春時代を思い出し、熱唱しました。

そして、STANCE PUNKS。今はもう聴かなくなってしまったけど、中学生や高校生、大学生らしき子供達が、彼の音楽を聴いて汗を流し体を揺らしている姿を見た時、ぐっときましたね。かつて自分も同じ様に、彼らの音楽に熱狂していたことを思い出しました。
成長と共に生活環境が変わり、考え方や背負うものも変わっていき、あの時は心に響いていた歌詞も、いつしか響かなくなってしまいましたが、間違いなく彼らの音楽は青春ど真ん中の若者の達に、バッチリ響いているのです。音楽って、世代世代に繋がって行くんですね。
そして、響かなくなったと勝手に大人ぶっていただけで、ちゃんとオッサンになった私の心にも響き、軽く涙が出てしまいました笑

あの人達は本物のパンクロッカーです。

今回のFREEDOM NAGOYAの問題

約2万人が集まった今回のFREEDOM NAGOYA。無料野外フェスということもあり、天気にも恵まれ前回の2倍以上の人が集まったそうです。
無料野外フェスというのは、当然ながら有料フェスと違い予算に厳しい制限があります、その中でやりくりしているので、スタッフもボラティアの人達の協力で成り立つイベントです。やはり無料野外フェスに参加するにあたり、来場される方、私も含めですが、最低限の協力が必要だと思いました。

ゴミの問題、ゴミ箱の数は少なく探すのにも苦労しましたが、ゴミを各自で処理をすれば運営側の負担もぐっと軽減されるでしょう。

そして今回、運営側のイベント後に掲載されたブログを拝見させていただき、違法駐車の問題が大きく扱われていました。実際にこの問題で、次回のFREEDOM NAGOYAの開催も自体危ういとのことです。
FREEDOM NAGOYA2013終了。|綿谷 剛のブログ

今後、ひとりひとりの協力と心掛けでFREEDOM NAGOYAが無事開催し、ハッピーな気持ちでイベントを終え、また来年そしてまた来年と続いて行くこと願ってやみません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑