【Peak Design】最強カメラ用『神』バッグ!「Everyday BackPack」レビュー。

【Peak Design】最強カメラ用『神』バッグ!「Everyday BackPack」レビュー。

どうも!爆走カメラ野郎ビート内藤(@beat910)です。

最近カメラやら機器を購入していくうちに、持ち運びに不便さを感じておりました。

何かいいカメラ用バッグはないものかと探していたところ、私のハートを鷲づかみにしたバッグと出会いました。出会ってしまったのです!

私のハートを撃ち抜いたバッグパックがこちら

ピークデザインとは

Th スクリーンショット 2018 01 14 2 22 00
「Peak Design公式ページより」

2010年に「KickStarter」というクラウドファンディングサイトで「カメラ好き為のバック」「The Everyday Messanger」開発に資金を募ったところ総額486万ドル日本で(約5億8000万円)という当時の「KickStarter」史上最高の支援金を集めたブランドです。

Th スクリーンショット 2018 01 14 2 23 44

「Peak Design」が支持を集めているポイント

  1. カメラを日常的に利用する人のかゆいところに手が届く商品開発
  2. クラウドファウンディングサイトを活用し、ユーザが何を求めているかを把握したこと
  3. 「真剣にカメラ好きユーザを幸せにするため」試行錯誤を重ねたこと

実際このバッグを使ってみて、本当にカメラ好きの為に考え抜かれたバッグだと感じました。

ピークデザイン エブリデイバックパック容量20Lと30L

Th スクリーンショット 2018 01 14 2 39 07

この「Everyday BackPack」には「20リットル」と「30リットル」の2種類のサイズが用意されています。

僕は30Lを選びました。僕の場合は長期で海外旅行に行った経験で、確実に大きい方が良いと実感したからです。「大は小も兼ねる」ってやつですね。

Th スクリーンショット 2018 01 14 2 47 08

このバッグパックには4色があり、昨年の夏頃に新色の「Black」と「Tan」が発売されました。

この新色は(2018年1月現在)20L用しか出ていないので、早く30Lも出して欲しいですね。

本当は新色の黒が欲しかったのですが、20L用しかなかったので、次に気に入った色「チャコール」を購入しました。

素材

Th スクリーンショット 2018 01 14 2 56 30

撥水性に非常に優れている素材を使用しています。

実際水をかけてみましたが、かなりの防水性でした。

突然の雨でもアタフタする心配がなく、安心できる防水性です。

フタ部分「メイン開閉口」

Th スクリーンショット 2018 01 14 3 05 12

フラッフで開閉できる、マグネット式になっています。

Th スクリーンショット 2018 01 14 3 08 56

4つ止める場所があり、荷物の容量や大きさに合わせて止める場所が変えられます。

マグネットとフックを使用しているので、とても開けやすくしっかりと閉まるシステムになっています。

フタを開けるとすぐにミニポケットがある

Th スクリーンショット 2018 01 14 3 16 25

アクセスしやすい場所にあるので、よく使う小物を入れると便利だなと思いました。

最大の特徴「背負った状態から物が取り出せる」

スクリーンショット 2018 01 14 3 29 48

この「Peak Design Everyday BackPack」の最大の特徴は、この大きく開く横のファスナーです。

横から大きくバッグの口を開くことができるので、背負った状態からでも物が取り出せます。

これはこのバッグの最大のメリットではないでしょうか。

スクリーンショット 2018 01 14 5 24 39

通常のバッグですと、背中からバッグを下ろし、フタを開いて物を出さないといけませんが、このバッグはそんな煩わしさを解消してくれます。

防犯面

スクリーンショット 2018 01 14 3 42 14

「Peak Design公式ページより」

横が大きく開くことは非常に便利なのですが、心配なのが「防犯面」です。

日本国内では、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが、海外ではそうはいきません。

普通にバッグを開けられて、物を盗られます(笑)

そんな不安要素もしっかりとカバーできています。

ファスナーのストラップをアタッチメントポイントというところに付けることにより、開閉できなくなります。

必要に応じてこの機能を使えば安心ですね。

自由にカスタマイズができる中敷き

スクリーンショット 2018 01 14 3 57 22

このバッグには脱着可能な三枚の中敷きが付いています。

用途に合わせて、使う中敷きの数を変えたり、入れるものサイズに合わせて、中敷きの位置を変えることができます。

スクリーンショット 2018 01 14 3 57 49

中敷き自体も変形が可能で、入れるモノのサイズに合わせて形が変えられます。

スクリーンショット 2018 01 14 3 58 37

これはかなり便利です!

中敷きは全て外せるので、機材をいれる必要のない人でも普通のバックパックとして使うことも可能です。

サイド収納部分

スクリーンショット 2018 01 14 4 17 00

大小さまざまポケットがあり、細かいモノを入れられます。ペン、バッテリー、SDカードなどなど。

背面収納スペース

スクリーンショット 2018 01 14 4 21 27

背面にある計3層に分かれた収納スペースのご紹介です。

スクリーンショット 2018 01 14 4 22 22

このバッグの中で一番よく使うであろう、独立したがま口式の収納ポケット。ここにはよく使うアイテムを入れておくと便利ですね。

スクリーンショット 2018 01 14 4 22 58

タブレットが入るところもあります。

スクリーンショット 2018 01 14 4 23 29

そして一番大きな口にはMacBook Pro15インチが余裕で入るスペースが用意されています。

3ヶ所に付いている手持ち紐が便利スギる

スクリーンショット 2018 01 14 4 40 38

上と両サイドに持ち手があり、これが無茶苦茶便利です。どの方向からも持つことができます。この機能があるバッグパックはあまり見かけないと思います。

ショルダー取り付け部分がやばい!

スクリーンショット 2018 01 14 4 48 05

背負う部分のショルダーの取り付け部分が動く様になっています。

スクリーンショット 2018 01 14 4 48 19

これも他のバックパックには見ない特徴です。この部分が動くことにより、より背負いやすく、密着性もあり、肩への負担も軽減します。

キャリーバッグに取り付け可能

スクリーンショット 2018 01 14 4 53 39

背中に当たる部分がマジックテープで付いていて、外すとキャスターバックに取り付けることが可能です。

サイドポケット

スクリーンショット 2018 01 14 4 55 59

両サイドにあるポケット!口が大きく開くので、大きめのペットボトルやタンブラー、三脚も入っちゃいます!

サイドポケットの中にはフック付きのストラップが入っています。

三脚などの長いものをポケットに入れる時は、そのストラップをアタッチメントポイントに繋いで固定することができます。

スクリーンショット 2018 01 14 4 59 59

アタッチメントポイントを使うと大きなモノでも運べる

スクリーンショット 2018 01 14 5 05 09

サイドポケットとバッグの下の部分にストラップが隠されています。

このストラップと計6ヶ所に配置されているアタッチメントポイントを使うと寝袋などを縛って持ち運ぶことが可能です。

超簡単に紐の長さ調整ができる

スクリーンショット 2018 01 14 5 07 08

スムーズにショルダー紐やウエスト紐が動くので、簡単に紐の長さが調整できます。これはすごい良い!

もうひとつオマケに

スクリーンショット 2018 01 14 5 09 35

このPeak Designの人気アイテム「リーシュとアンカー」も付いています。鍵などを取り付けて置くと、すっと取り出せて便利です!

さいごに

紹介しきれないほど多機能なPeak Design「Everyday BackPack」。

細部にまでカメラを扱う人のことを考え、配慮させれたデザインだと思います。本当にカメラを愛している人が作ったバッグなんだな、と実感できます。

かゆいところに手が届く、届きすぎて怖いくらい(笑)

デザインはとてもシンプルですが、とてもパワフルなバックパックです!

このバックパックに惚れてしまった私はこのPeak Design「Everyday BackPack」と末永く付き合っていくつもりです!

皆さんも是非使ってみてください!