*

time 2015/07/31

Rakuten premium card

どうも!3代目カビラJ soul brothersこと、川平兄弟の3番目ビート内藤(@beat910)です。

次期「楽天カードマン」を目指し日々邁進しております。

日々の生活に無くてはならない存在になっているクレジットカード

各社様々な特典があり、一体どこがいいのやら選ぶのが大変ですよね。

クレジットカードとはその人のライフスタイルに合わせて選ぶのが一番だそうです。

というワケで、今回は旅する人にフォーカスを当てて、旅する私が実際に使ってみて、本当に便利で心の底から感謝したクレジットカードをご紹介します。

SPONSORED LINK

数あるクレジットカードの中で“旅をするあなた”にオススメの『楽天プレミアムカード』

私が楽天プレミアムカードをオススメすると、『さては貴様、楽天カードの広報部だな!』みたいに言われるが、決してそうではない。

というか、それでもいいから世界を旅する人、世界一周するぞ!出張で海外によく行く!

みたい人には、このクレジットカードは本当にオススメ。

しかし、気になるのが年会費!

【年会費】本会員一人様 10,800円(税込み)

家族会員一人様 5,400円(税込み)

2015年7月現在。

決して安い金額ではない。

通常の楽天カードなら年会費無料!

それでも、敢えて年会費を支払ってでも、海外によく行く方には楽天プレミアムカードをオススメする。

プレミアムカードを推す理由1.プライオリティ・パス

Priority pass

この楽天プレミアムカードをオススメする最大の理由は、このプライオリティ・パスが付いてくるからである。

プライオリティ・パスとは
世界700ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるVIPカード。

空港の待ち時間を、超優雅に過ごせるサービス。

ちなみに、このプライオリティ・パス通常料金

プライオリティ・パス年会費料金表
会員種別 年会費 ラウンジ利用料
1回につき
同伴者
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 199ドル 10回まで
無料(以降27ドル)
27ドル
プレステージ会員 319ドル 無料 27ドル

楽天プレミアムカードを入会すると、プレステージ会員になれるのだ。(申し込みが必要)

プライオリティ・パス(プレステージ会員)39,556円(124円/1㌦換算)から、

年会費楽天プレミアムカード年会費10,800円(税込)を

差し引くと28,756円もお得なのだ!

カード自体の有効期限は2年間だが、再申込可能なのでご安心を!

プレミアムカード年会費を支払ってまでプライオリティ・パスって必要?

Rakuten card priority

世界一周や、放浪の旅する貧乏旅行者にとって、楽天プレミアムカード年会費10,800円は決して安い金額ではない。

10,800円節約すれば、もっといろいろ行けるぜ!そんな贅沢は出来ない!贅沢は敵だ!と思う方もいるかもしれない。

しかし、考えてみてもらいたい。人生のうち一体何回世界を放浪できるのか?

おそらく、そんなに頻繁に海外旅行や旅に行くことができるのは一部の人間なはずだ。

人生の中で、『世界一周だ』、『長期旅行だ』という機会はそうそうない。

ましてや、空港のラウンジを使う機会なんて人生で一体何回あるのやら?

空港のラウンジが使えるのは、一部のビジネスクラスに搭乗するお金持ちか、同じ様なクレジットカード付帯のサービス受けている人だけであろう。

たった1回のラウンジ使用料で、カードの年会費10,800円を支払うのは勿体無いかもしれないが、世界一周や放浪者は空港を頻繁に利用する。

もちろん、陸路で移動してこそ旅だ!と言う方もいるだろう、そんな人でも行きと帰りは空港を利用する人がほとんどであろう。

VIP気分を味わえる!そんな機会を与えてくれるのがプライオリティ・パスなのだ。

たとえ、ボロボロの服の放浪者でも快く受け入れてくれる!優しさ満点。

日々、旅の費用を節約しながら行動している者にとって、至福の時である。たまの贅沢を存分味わえるのだ!

ラウンジってなにがすごいの?

ビールが飲める

Th IMG 0411

利用するラウンジにもよるがビールやワインなどのアルコールを嗜むことができる。

食事がとれる

Th IMG 0413

ラウンジによって様々な食事が用意されている。今まで行ったラウンジ中で、韓国仁川(インチョン)国際空港のプライオリティラウンジの食事はなかなかのクオリティーだった。

大きなゆったりした椅子でくつろげる

Th IMG 0440

またインターネットも使えるので、とても有意義な時間を過ごすことができる。

以前、シンガポールのプライオリティ・ラウンジを利用した時のレポート。

もちろん、訪れた空港にプライオリティラウンジがなければ利用することはできない。

現在約700の空港に、このプライオリティラウンジがあるので、主要空港を利用すればほぼ利用できると思っていいだろう。

プライオリティラウンジを利用できる空港はこちらのプライオリティ・パスのホームページでご確認を!

食事代、アルコール代、くつろぎ代、インターネット使用、ラウンジ1回の使用では元は取れないかもしれないが、世界一周をする人、旅する人がその期間に空港を使用する頻度は多い。

その期間中にラウンジを4回以上使用すれば、余裕で元は取れてしまう。

こんな素敵なサービスを使わない手はないと、私は余裕で4回以上ラウンジを利用している。

プレミアムカードを推す理由2.旅行保険

Raukuten insurance

私がプライオリティ・パスの為だけで、楽天プレミアムカードを推しているのではない。

プレミアムカード自動付帯旅行保険も魅力の1つなのだ。

この自動付帯がポイント!

※年会費無料の楽天カードにも海外旅行保険は付いているのだが、適応には条件があるので注意していただきたい。

後ほど、楽天カードと楽天プレミアムカードの旅行保険の違いを説明するので、確認していただきたい。

つい最近フィリピンのセブ島に旅行に行った時のこと。連日の不摂生が祟り、40度ほぼの熱を出してしまった。

喉があまり強い方ではなく、扁桃腺が炎症性を起こし高熱を出してしまったのだ。

薬局で買った薬を服用するも、まったく効き目がなく、やむなく病院へ行ったのだ。

結果

Cebu hospital

見事、入院することになった(笑)

ここで、本当に助けられたのは楽天プレミアムクレジットカード付帯旅行保険

正直、入院はしなくてもいいかな、と思ったが入院して正解。

点滴、抗生物質、血液検査などもしてもらい、食事も3食付いてきた。

個室で、1泊の入院だったが手厚い看護をしてもらえた。

おそらく、点滴と謎の注射、抗生物質のおかけで扁桃腺の腫れが治まり、熱はみるみる下がっていった。

退院後の、飲み薬もしっかりと用意してくれた。

もちろんすべて保険でカバー。

本当に有難かったのは、クレジットカードとパスポートだけ持って行っただけで保険が適応され、しかもキャッシュレスだったのだ。

楽天プレミアムカード付帯旅行保険

国内外の旅行保険を自動付帯してくれる、この楽天プレミアムカード。

海外旅行傷害保険
担保項目 保険金額
死亡保険金 5,000万円
後遺障害保険金 最高5,000万円
傷害治療保険金 最高200万円
疾病治療保険金 最高200万円
賠償責任保険金 最高2,000万円
携行品損害保険金
(免責3千円)
年間
最高100万円
救援者費用保険金 最高200万円

海外旅行を目的に自宅(日本国内)を出発し、自宅に戻るまで(日本出国の前日から入国の翌日まで)の最長 90日間補償される。

世界一周となる90日間という期間は短い。

あるブログ記事で裏ワザとして、もう一枚別のクレジットカードをもって行き、90日過ぎた時に、旅券もしくは、公共交通機関の料金を海外旅行保険付帯のクレジットカードを使用すると、そのカードが新たに(90日間)保険適応となるらしい。

しかしながら、これは未確認。

実際、長期で海外旅行をする時にクレジットカード1枚だと正直不安だ。紛失した時の為にも、予備でもう1枚、2枚持っておく方が無難だ。

ちなみに、VISA、MasterCardとカードの種類は分けておいた方がいい。

理由は限度額だ。後ほど、『プレミアムカードを推す理由3.海外キャッシング』で詳しいことをご説明する。

カードを発行する際は、各社クレジットカードの旅行保険の内容を確認しておこう。

ちなみに、楽天プレミアムカードの海外旅行保険は2015年12月1日より補償内容が改定されるので詳しくこちら

スクリーンショット 2015 07 30 22 50 01

国内旅行傷害保険
保険の種類 保険金額
傷害死亡保険金 5,000万円
傷害後遺障害保険金 最高5,000万円

傷害入院保険金 日額5,000円
傷害通院保険金 日額3,000円

スクリーンショット 2015 07 30 23 31 32

国内・国外海外旅行傷害保険詳細ページ

楽天カードと楽天プレミアムカード旅行保険の違い

Rakuten card2

まず、大きな違いは保険金額だ。

楽天カード旅行傷害保険
補償内容 保険金額
(傷害)死亡後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
傷害通院保険金 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 最高200万円

プレミアムカードと比べると、死亡傷害と携行品損害の保険金額に大きな差がみえる。

保険金額の差も大事なのだが、私が一番気なった点は

楽天カードには自動付帯がない

自動付帯付帯とは、そのカードを所有して海外に出ると、自動的に保険が付帯されるということ。

つまり、なにも気にせずただ海外出れば、保険が使えるということ。

これが自動で無い場合はどうすればいいのか?

日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯される。

つまり、日本を出国する前に、楽天カードで公共交通乗用具または募集型企画旅行の支払いして、はじめて保険が付いてくる。

ということ。

公共交通乗用具とは
航空法、鉄道事業法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運用される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどをさす。(当該旅行のために乗用するものに限る)。

簡単な話、飛行機のチケット、空港まで行く電車賃とかをクレジットカードで払うということ。

募集型企画旅行

旅行会社が旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることができる運送又は宿泊のサービス内容並びに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行をさす。

ツアーで行く場合は、ツアー代などをクレジットカードで支払うということ。

と、まぁ正直面倒くさい。

プレミアムカードとは、そこが違う。そんな煩わしさがないプレミアムカードはやっぱり魅力だ。

楽天プレミアムカードの保険は最強ではない

ただ調べてみる、楽天カード&楽天プレミアムカードも海外旅行保険などの保険金額は他社のクレジットカード付帯旅行保険と比べると若干弱いらしい。

年会費のかかるカードの中では、保険金額はあまり多い方ではないようだ。

ただ、放浪や世界一周のような、所謂あまりお金をかけないで行く旅行で、そこまで多くの保険金を期待する必要なない気もする。

携行品損害の金額もプレミアムカードなら最高100万円まで、と貧乏旅行者にとっては十分ではないだろうか。

私の所持品はパソコンやカメラはあるものの、総額にしても100万円もいかないと思う(笑)

アメリカのように、医療費がバカ高い場所では、万が一の時は少々心もとないかもしれない。

私は、3ヶ月以上の旅行の場合は間違いなく、長期でかけられる保険に加入していく。

確かに高いが、もしものことを考えると保険は本当に大事だと思う。

プレミアムカードを推す理由3.海外キャッシング

Caching

海外キャッシングはプレミアムカードしかできないワケではない。

楽天カード、その他のカード会社のカードでも問題なく引き出せる。

ATMにMasterCardVISAPlusなどのマークが付いているところなら、ほぼ現地の通貨を引き出すことができる。

しかし、カード会社によって海外キャッシング手数料が違うので注意が必要だ。

決して楽天プレミアムカードの手数料が安いワケではない。

ここでは、他社のクレジットカードとの比較ではなく、楽天カードとプレミアムカードの比較で考えていただきたい。

私がプレミアムカードを推す理由は、

キャッシング枠を広げることができることだ。

物価の安い国であれば、差程気にする必要はないが、ヨーロッパなど物価の高い国に滞在する場合、想像以上に早く限度額に達してしまう。

1ヶ月の限度額をある程度、余裕ある金額までキャッシング&カード支払い、共に枠を広げておくことをオススメする。

やはり、楽天カードよりもプレミアムカードの方が、限度額の幅も広い。

クレジットカードはVISAカードとMasterCardに分けて持っていけ!

Th MasterCard visa amex

仮にA社が発行するVISAカード使用していて、限度に達してしまったとする。

そして、B社発行のVISAカードを使用しようとしても、使用できない。

簡単、話でカード会社の大元から我々はお金を借りる形でカード使用している。
A社、B社関係なくVISAカードから借り入れしているからだ。

つまり、VISAカードが限度額に達した場合、どれだけ他社のVISAカードを持っていようが使用することはできない。

その時は、違うカードMasterCardなどを使用する。JCBでもいいのだが、日本が発行しているJCBカードを使用できる場所は限られている。

その為、海外で使用するならMasterCardとVISAの2種類もしくは、アメリカン・エキスプレス・カードを持っていくことをオススメする。

また、クレジットカード海外キャッシング手数料を比較しているサイトがあったので是非確認していただきたい。

海外キャッシングは、カード会社手数料の他、その国銀行によって、その銀行の手数料もかかることがある。ダブル手数料だ!

銀行によって手数料も違うはずなので、なるべく手数料が安いATMを探そう。

カードを使い分け、手数料の安いキャッシング用のカードも持っていくと、無駄な出費を抑えられる。

海外キャッシングはとても便利で、日本円を大量に持ち歩く必要もなく比較的安全な方法だと思う。

手数料はかかるが、もし多額の現金を持ち歩いている強盗、盗難、紛失などの被害にあってしまったら、旅を続けることが困難になるほどの打撃を受ける。

海外キャッシングの注意点

ATMでも引き出しの際は周りに注意することは当然のことだが、海外キャッシングには金利が付くのでなるべく早めの返済をオススメする。

楽天プレミアムカードの海外キャッシングするとリボ払い扱いになり年利率は18%、となかなか高い。

ある程度キャッシングしたら、なるべく早く楽天に連絡を入れて、借り入れ金額と金利を確認し入金する。

ちなみに、長期で海外にいる場合、インターネットバンキングと050Plusなどのインターネット電話を持っておくと非常に便利だ。

インターネットバンキングでオススメなのはSBI銀行
F4d843c57e094eab657e57b6522a235f

月3回まで振り込み手数料が無料。

IP電話回線を持っておくと海外から電話も安心

スクリーンショット 2015 07 31 9 46 23

050Plus以外にも様々な会社があるで探してみていただきたい。

インターネットを利用した電話は、海外から電話する時に非常に便利だ。

LINEなどで連絡はとれるが、固定電話に電話をすることはできない。

050PlusなどのIP電話は、インターネット回線を使用してスマホから固定電話に格安で電話ができる。

インターネット環境が必須にはなるが、国際電話と比べ物にならないほど安く電話をするころができる。

楽天にキャッシングなどの借り入れを支払う際は、一度電話で利子を含めて総合計を確認後入金する必要がある。

国際電話を使っていては、それだけお金がかかってしまう。

そんな時はIP電話を使い、振り込み手数料がかからないインターネットバンキングから入金すれば、かなりの節約になる。

プレミアムカードを推す理由4.まだまだあるプレミアム特典

ポイントをマイルと交換できる

スクリーンショット 2015 07 31 1 09 40

貯まった楽天スーパーポイントはANAのマイルに交換できる。その他のポイントとも交換可能。

ポイントがたまりやすい

スクリーンショット 2015 07 31 1 12 01

旅の準備や、飛行のチケット、旅行となると額の大きいモノを購入することが多い。

また旅先の宿の予約もクレジットカード払いをすればポイントが貯まっていく。

楽天カードよりも、ポイントの還元率がよい為、ポイントが貯まる。

もっと詳しく知りたい方はこちら

まとめ

いかがでしたか。

私が一番推すのはプライオリティ・パスですね!年会費を考えても、かなり割安です。

そして貧乏旅行者なのに、VIP気分が味わえてしまうのです(笑)

実際に助かったのは自動付帯付き海外旅行保険です。

キャッシングに関しては、手数料が安いところもあるので、あまり推せませんが、プレミアムカードのキャッシング枠の範囲は魅力的です。

ただ、どうしても審査に通らなければいけないので、申請する時はできるだけ働いてる時や、肩書しっかりしている時の方が無難でしょう。

皆さんの旅が充実したモノになりますように!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑