*

time 2014/04/20

知らなかったでは済まされない。世界を旅する前に知っておく予防接種のこと

予防

世界を周る上で必要不可欠なことは様々ありますが、その中でも予防接種を打っておくことはとても重要なことです。

世界には日本で聞いたこともないウィルスが結構います。免疫のない日本人が感染してしまうと、とてつもなくしんどい思いや、狂犬病が発病してしまうとほぼ死にます。

南米やアフリカなどは、国よっての予防接種を受けていないと(黄熱予防接種)入国が出来ません。渡航予定がある場合は事前に打っておきましょう。

SPONSORED LINK

受けておいた方が良い予防接種と日本での費用

※2013年の情報。病院や増税などによって値段の変動があると思いますので事前に病院、検疫所にお問い合せ下さい。尚、複数回接種する必要な種類のワクチンもあるのでしっかり下調べが必要です。一度打ってから期間をあけないと次回の接種出来ないものや、混合で打てない(例:狂犬病と黄熱の予防接種は同時に行えない、など)接種の予定・スケジュールなども相談しながら、無理なく接種しましょう。

・東京検疫所

・大阪検疫所

・名古屋検疫所

全国各地の検疫所一覧

黄熱病

220px YellowFeverVirus
予防接種:1回打てば、有効期間:接種後10日後〜10年。接種後しばらくは他のワクチンを受けられないため一番最後が良い。
主なエリア:南米、アフリカ。
感染源:蚊 症状:発熱、嘔吐、出血、黄疸。致死率は現地人5〜10%以下に対して、旅行者は最高60%。治療法なし。潜伏期間:3~6日 その他:イエローカード(接種証明書)を入国条件にしている国がある。
費用:11,180円くらい

日本脳炎

Virology1

予防接種:日本では小児期に接種している場合あり。1~4週間間隔で2回接種し、1年後追加接種を1回。有効期間4~5年。
主なエリア:アジア全域。感染源:蚊 症状:発熱、嘔吐、意識障害、けいれん。発症から2週間前後で死亡か脳障害の後遺症が残る。完治率30%。治療法はなし。潜伏期間7~10日。
費用:医療機関にお問い合せ下さい。

狂犬病

ダウンロード  1

予防接種:4週間隔で2回接種し、さらに6か月から12か月後に3回目。約5年間有効。海外では一生有効だと言われた。
主なエリア:日本、オーストラリア以外。欧米は少ないが、犬、アライグマ、きつね、コウモリ、リスが主な感染源。
症状:潜伏期間9日~数年。発熱、倦怠、嘔吐、幻覚、けいれん、恐水。その後、昏睡、呼吸麻痺。発症したら致死率100%。噛まれたらすぐ傷を石鹸と水で洗い、狂犬病と破傷風のワクチンを追加接種する。予防接種を受けていても半年後なら6回の追加接種が必要。
費用:14,400円くらい
※5〜6回受けてコンプリートなので、費用がかかります。ちなみに、犬などに噛まれた場合、どちらにしても注射を打たれます。大変危険なウィルスな為、予防接種はオススメしますが、私はお金も時間もなかったので打ちませんでした。

破傷風

H13 sugimoto 1

予防接種:日本では小児期に三種混合ワクチンを接種している人も多い。接種後10年を過ぎた人でも追加1回でOK。
主なエリア:全世界。感染源:ケガして傷口についた土など。
症状:潜伏期間3日~3週間。口が開かなくなり、手足の硬直。治療が遅れると全身けいれんして致死率40%。傷口の消毒、医療機関での血清療法が必要。
費用:3,700円くらい

A型肝炎

Images

予防接種:2~4週間に2回受けて、更に半年後に1回接種すると5年間有効。
主なエリア:日本、北米、西欧を除く地域。感染源:汚染された飲食物。
症状:発熱、倦怠感、嘔吐、黄疸。安静にして栄養をしっかり取ると自然に治癒する。潜伏期間:15~50日
費用:7,500円くらい

B型肝炎

201111111303318af

予防接種:4週間間隔で2回接種し、さらに、20~24週間後に1回接種します。5年間有効。一生有効とも言われる
主なエリア:日本、北米、西欧を除く地域。感染源:保菌者の体液、血液。外科手術や性行為。
症状:倦怠感、黄疸、食欲不振。医師に相談する。ほとんどの場合はすぐに完治する。死亡率2%

費用:7,500円くらい

※調べてみると、あまり必要性は感じませんでしたのでこれも打っていません。不安な方は予防接種をしておきましょう。

黄熱と破傷風の予防接種を打ちに名古屋検疫所に行ってきた。

IMG 2834

やっぱり検疫所ってことで海の近くですね。ちなみに、予防接種は事前に予約が必要です。また、他に予防接種受けている場合などは、打ってから期間をあけなければ打てないこともありますので、医師や検疫所に確認して下さい。

IMG 2835

こちらが名古屋検疫所

IMG 2839
世界には素敵な場所がたくさんありますが、危険と隣り合わせだということを忘れてはいけません。

IMG 2840
はい、本日の流れです。

IMG 2844
必要事項が記入、結構沢山書きます。

IMG 2845
渡航目的→冒険・アドベンチャー!!言ってみてーー!!ちなみに、改めて思いますが旅はアドベンチャーです!!

IMG 2848
体温も計ります!熱があると打てません!

IMG 2849はい、まだまだ書き書き。

IMG 2850ちなみに、お支払いは収入印紙です。郵便局などで購入しましょう。お釣りは返ってきませんので、ちょうどで支払える様に準備!

IMG 2851
右、左一発ずつチクッとされて、問題なければイエローカードが発行されます。このカードがないと入国出来ない国もあるので、行きたい国がある場合は、事前にチェック!!

予防接種は日本じゃなくても受けられる!しかも国よって費用が全然違うぞ!

旅をしていて、日本以外で予防接種をした、と言う方に何人かお会いしました。タイベトナムインドトルコヨーロッパ。打とうと思えば結構いろんな国で打つことが出来ます。更に、費用は日本比べてもかなり安くなるそうです。ちなみに、タイ(赤十字病院)で黄熱の予防接種は990バーツ、日本円2,500円!インドで黄熱の予防接種を打つ場合、2,500ルピー日本円にして4,250円※2014年4月現在。日本の半分以下の値段で接種出来ます。実際に打ちに行った旅人もいます。そんなに英語が話せなくも問題ないとは思いますが、衛生面など気になる方は、日本で打っておくことをオススメします。

おわりに

他にもいろんな予防接種を打つことが出来ます。腸チフスやら、コレラなどなど医者に言わせれば全部打っておく方がいいそうですが、正直時間も費用もかかります。必要に応じてでいいと思います。A型肝炎などの予防接種は検疫所以外で受けることが出来るので、費用や日程に合わせて選びましょう。とにかく、変な動物をやたら触らない!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑