*

time 2016/03/27

IMG 1269 のコピー 01

どうも旅ビート内藤(@beat910)です。

さて、旅の再開は今日本人旅行者に大人気のウユニ塩湖でございます。テレビCMで一気に注目を浴び、南米に訪れたら絶対外せない場所です。

本当ならメキシコから徐々に南下する予定が、ワシントンDCがいいところ過ぎて長居してしまいました。

おろおろしているうちにウユニ塩湖シーズンがきてしまい、一気にボリビアへ飛び、直接現地のツアーに参加しました。

SPONSORED LINK

ウユニ塩湖の鏡張りを見るなら雨季!12月〜4月がシーズン

12698713 1134919969875711 2751307111705506483 o

この鏡張りをみるには、ウユニが雨季の時期です。

ウユニ塩湖は12月〜4月までが雨季されています。

「ウユニの年間降水量」
Average rainfall mm graph for uyuni
〜climate-data.org〜

最も乾燥している時期は7月で、降水量は2mmほどです。1月の降水量は平均130mmほどです。

グラフを見てみると1月、2月が降水量も多く鏡張りをみるには最適な時期です。

しかし、よく考えてみて下さい。この鏡張りを見るには、雨季にも関わらず晴れの日でないと見れないのです。

なんとも矛盾した話(笑)

そして、雨季と言ってもその年の何月が降水量が多いのかは、その時になってみないと分かりません。

私の当初の予定は、ベストシーズンと言われている1月ごろにいく予定でしたが、事情があり3月に変更になってしまいました。

正直、例年で言えばシーズン終わりかけの時期で見れるか心配でしたが、運良く「天空の鏡」をみることができました。

話を聞いてみると、今年の1月と2月はあまり雨が降らず、ちゃんとした鏡張りが見れなかった方もいたそうです。

鏡張りをみるには、見れるまで滞在する根性か、運も必要なようです。

オススメのツアー会社

Thumb IMG 0259 1024

ウユニには多くのツアー会社が点在しています。

日本人に一番有名で人気なのは、「HODAKA」です。私は、ホダカとオアシスの2つのツアーに参加しましたが、ホダカは殿様商売なイメージです。

オアシスはサービスが充実していたうえに値段も安かったので、オアシスをオススメします。

私なりにツアーに参加した感想とツアー会社をまとめてみましたのでご参考までに。

オススメ・ツアー

2016 3 11 1DAYツアー 4092

ツアー内容はどのツアー会社もよく似ています。若干の値段、サービス内容が違います。

私が参加したツアーの感想と内容の詳細です。参考までにどうぞ。

オススメ度★★★:サンセット・ツアー

IMG 1327 のコピー

夕方4時〜10時までのサンセット・ツアーが”一番オススメ”です。

日が落ち始めるのが夕方6時くらいからなので、その前に通常の昼の絶景が見れ、夕方には日が沈む見事な絶景、そして沈む切ると満天の星空が待っています。

いわゆる全部セットです。

オススメ度★★:ナイト&サンライズ・ツアー

2016 3 8 1600 2300 1215

夜中3時〜朝9時まで、星空撮影をしたい方にオススメです。私はもちろん参加しました。

ただかなり寒いです!

私が行った時タイミングよく新月だったため、星めちゃくちゃキレイに見えました。本当に満天の星空で、人生であれほど多くの星をみたことがありません。

流れ星がかなりの確率で見えます。

一眼レフやミラーレスなど、シャッタースピードが調節ができるカメラを使うと肉眼では見ることのできない、多くの星を撮影することができます。

オススメ度★★★:ワンデイ・ツアー

朝10時から夜8時まで、じっくりウユニを満喫できるツアーです。

塩の平原で”トリックアート”ができちゃう!
IMG 1733

アジア人には、やはり天と地ひとつにつながって見える鏡張りが人気がありますが、欧米人は、塩の平原の方が好きみたいです。

IMG 1912

遠近法を利用したトリックアートが楽しめます。

12月〜4月の間でも地面は若干濡れていますが、塩の平原もいたるところにあります。

ウユニ塩湖での必須アイテム

IMG 1889

高山病対策

ウユニは標高約3,700m、富士山と同じくらいの高さです。バスや電車、飛行機などで一気にこの高さまで来ると高山病になる可能性があります。

頭痛はもちろん、中には熱や嘔吐もされる方もいるので気を付けなければなりません。

サングラス・日焼け止め・帽子

20160311 214107

日差しがかなりキツイので、サングラスがないと目がやられます。

日焼けなんて大したことない、と思っていましたが、絶対あった方がいいです。上の写真のようになってしまいます。

帽子もあった方がいいですね。

ストールなど首に巻くものがあると首の日焼け止めも防げます。

三脚

夕方や夜、星空を撮る時は三脚は必須です。この三脚は値段がお手頃なうえ、軽い、高さも十分あります。旅人にはかなりオススメの三脚です。

上着

日中は日差しもあり暑いのですが、夜はかなり冷え込みます。またナイトツアーでは、ダウンジャケットなど防寒着は必須です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@beat910をフォローしよう!

シェアしていただきありがとうございます。
関連記事もあわせてどうぞ!
ビート内藤 @beat910について
1983年生まれ
愛知県出身:ブロガー兼Youtuber
詳しくはこちら
Youtubeチャンネル
世界旅してガッテン』 世界を旅しながら情報配信中



ブログランキング参加中! クリックすると幸運が訪れるらしい。

↓↓↓↓↓↓↓ ポッチとな ↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

PAGE TOP ↑